カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル

〜自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界!〜

【注意】ビジュアルドライブに気をつけて

レイク

【注意】ビジュアルドライブに気をつけて

 毎週水曜日は「支援のヒント」と題して、自閉症の人の支援に役立つ(と私が思う)ちょっとしたヒントを紹介しています

★ビジュアルドライブ
 自閉症の人は、視覚刺激に反応して動かされてしまう傾向があります。これを「「ビジュアルドライブ」」と呼びます。

 たとえば、大好きなバスが見えたので、反射的に車道に飛び出してしまう、自分でも止められず身体が動いてしまう…。この瞬間、周りは全く見えていません。状況も忘れています。
続きを読む

【訂正】12/21記事:支援費制度の予算額

支援費

【訂正】12/21記事:支援費制度の予算額

 厚生労働省予算(案)を入手しました。検討してみて、「あ! しまった!!」と叫ぶワタクシ……。

 私の12月21日記事では、支援費制度全体予算が「342億円」であるかのように書いてしまいましたが、この予算額は、居宅介護(ホームヘルプサービス)だけに関するものでした。

 支援費関連全体予算は、「3,473億円」です(83%は入所施設関連予算2,871億円です)。
 お詫びして、訂正をいたします。

 12月21日記事も修正いたしました。今一度ご確認をお願いします。

=====================================
★速報
 16年度予算の財務省内示が発表されました。

○居宅介護(ホームヘルプサービス)
 15予算  16予算  増減
 278億 → 342億 +64億

○地域生活援助(グループホーム)
 15予算  16予算  増減
  68億 → 86億 +14億

 支援費関連全体予算は、「3,473億円」です(※83%は入所施設関連予算2,871億円が占める)。
=====================================

 個人でやっているブログなので、取材不足でこれからもこういうミスがあると予想します。しかしながら、ミスを恐れすぎて沈黙したくはありません。

 カイパパ通信blogは新聞社のニュースサイトではありません。限界(眉ツバさ?)を意識しながら、今後とも懲りずにお付き合いいただけたらありがたく存じます。

 申し訳ございませんでした。

お友だちにとってのカイは

大雪カイとサイファ

お友だちにとってのカイは

 土曜日の保育園保護者会クリスマス会にて
 カイが会場に入ると「あー! カイ君だー!」とお友だちがたくさん寄って来ます。カイはそ知らぬ顔ですが、まんざらでもなさそう。

 あるお母さんが「うちの子、〈今日カイ君来るよ〉と言ったら〈やったー!! うれしい!〉って言ってました」と教えてくれました。

 保育園では、クラスの子どもたちは、戦いに敗れたり静かにしたいときにカイのそばにいって一緒に絵本を見たり話しかけたりしているそうです。
「カイ君がいることで、他の子どもたちにとってホッとする空間ができている」とのこと。
 それって、すごい。いやしの存在なのか、カイ?
続きを読む

【自閉症】自閉症を知ってほしい(4)〜門先生の講演録

スペクトラム

【自閉症】自閉症を知ってほしい(4)〜門先生の講演録

 カイパパ@4歳自閉症男の子の父です。
このサイトは、「自閉症スペクタクル」と題し、「自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界!」をテーマにしています。
 その一歩として、「自閉症を知らない人に、まず知ってほしい」という思いがあります。「自閉症を知ってほしい」と題して火曜日に連載しています。5回連載の予定で、今回は第4回です。連載をまとめて読みたい方は、ページ左側にある「カテゴリー別」から「自閉症スペクトラム」をクリックしてください。

 今回は、自閉症のことをさらに詳細に理解するための専門家の講演を紹介します。
次の講演録をご一読ください。


講演録 「自閉症スペクトラムについて」 講師 門 眞一郎 先生

 ↑クリックすると講演録が開きます(※PDFファイルです)。詳しくてしかもわかりやすい内容です。(42ページあるので、印刷して年末にゆっくり読むといいかも?)

 私も門先生の講演を一度聴いたことがあります。その時に語られた、「自閉症児にとってわかりにくい環境に置き続けることは、心理的虐待に他ならない」という言葉を胸に刻みました。親だって、同じことをしがちだから。

 クールな語り口の中に情熱が見え隠れしてレベルの高い素晴らしい講演会でした。時々「ダジャレ」が混じって、聴いてる側は「…これは、笑っていいのだろうか?」と戸惑うことしばしばでした

「すでにわかっているヨ」という方も、新たな発見があると思います。ぜひご一読ください

(続きます)


【連載記事】
【自閉症】自閉症を知ってほしい(5)〜コミュニケーション障害の深刻さ(2003/12/30)
【自閉症】自閉症を知ってほしい(4)〜門先生の講演録(2003/12/23)
【自閉症】自閉症を知ってほしい(3)〜誤解を解いて(2003/12/16)
【自閉症】自閉症を知ってほしい(2)〜スペクトラム(2003/12/09)
【自閉症】自閉症を知ってほしい(1)(2003/12/03)

【blog管理】1か月間のレビュー

BLOG!

【blog管理】1か月間のレビュー

 カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクルは、2003年11月22日にオープンしました(MypfofileJapanにて→元祖バージョン)。昨日で、丸1か月(30日間)が経過しました。なんだかんだと「毎日更新」できてしまいました
 コンセプトである「勇気と知恵を与え合う」ことができたかどうか、感想をいただけるとうれしいです

★データ(2003/11/22〜12/21)

訪問者数 122名

ページアクセス総数 4,128アクセス
   (内訳)blog 3,944 プロフィール 184

blog平均アクセス数 131/日
 〃 (直近1週間) 221/日

最多アクセス 268(12/16)
最少アクセス  51(12/4)

★分析めいた感想
続きを読む

【速報】16年度予算342億円(居宅介護関連)

支援費

【速報】16年度予算342億円(居宅介護関連)

※12月21日厚生労働省予算(案)に基づき、修正しました。(12月22日訂正)
 最初の私の記事では、支援費制度全体予算が「342億円」であるかのように書いてしまいましたが、この予算額は、居宅介護(ホームヘルプサービス)に関するものでした。
 支援費関連全体予算は、「3,473億円」です(83%は入所施設関連予算2,871億円です)。
 お詫びして、訂正をいたします。

★速報
 16年度予算の財務省内示が発表されました。

○居宅介護(ホームヘルプサービス)
 15予算  16予算  増減
 278億 → 342億 +64億

○地域生活援助(グループホーム)
 15予算  16予算  増減
  68億 → 86億 +14億

 支援費関連全体予算は、「3,473億円」です(※83%は入所施設関連予算2,871億円が占める)。

★抗議交渉の成果はあったのか?
続きを読む

【支援費】サポート! 厚生労働省

支援費

【支援費】サポート! 厚生労働省

 タイトルは、皮肉でもなんでもありません。「厚生省をサポートしよう!」本気です。

★1 予算編成の仕組みから考える
 国の予算編成において、

 ・内閣が方針を示し、
 ・財務省が各省に予算の割り振りをする

→財務省からは「対前年度比○%の削減」といった上限を定めた「ワク」(=シーリング)が示されます。

 省庁の予算主管担当は、そのワクの中で省内での予算割りをします。そして、各担当課に「これでやりなさい。何か言いたいことがあれば要求しなさい」と指示します。

★2 支援費の予算要求をするのは誰?
 支援費の必要性・意義を主張、論証して予算獲得をガンバルのは、厚生労働省障害福祉課しかありません!
 他の課が「なんか支援費って大事だそうだから、ウチから予算分けてあげるよ」とは絶対に言いません。ましてや、他の省庁が厚生労働省のために自分たちの予算を減額することに応じるわけがありません。
 障害福祉課は「障害者の味方」です。個人の意欲や資質うんぬんじゃなくて、制度上そうなっているのです。

★3 障害福祉課の苦しみ
 今、障害福祉課が苦しんでいるのは、財務省のワクの中で、さらに厚生労働省の中で割り振られた自分のところの予算額と支援費の実態(必要額)との間で、どうやって帳尻をあわせるか? その展望が見えないからです。無責任にカラ手形を切ることはできないし……。
「必要だから必要なんです!」と主張して認められるほど予算要求は甘くないのでしょう。「根拠」が問われます。

以下想像です――
続きを読む

今日はクリスマス会♪

クリスマスカイ

今日はクリスマス会♪  

今日は、カイの保育園の保護者会でクリスマス会です♪

カイはこういう新しい・予測がつかないシチュエーションを楽しむのが苦手なのですが、お母さん方が「楽しめるところだけいてくれたらいいよ!」と言ってくれたので参加します。きっと、ケーキは喜びます

(夜に支援費のことでもう一度更新する予定です)

写真:ランの館(名古屋市栄) ランでできたクリスマスツリー とっても!きれい

【署名】大臣あてに添えた手紙

支援費

【署名】大臣あてに添えた手紙

 カイパパです。私の町にも初雪がつもって、きれいでした。今日はすてきな人との出会いもあり、良い日でした。

 私が、障害者支援費単価切り下げ撤回要求の署名を送付した際に添えた手紙を公開します。よかったらお読みください

=====================================
坂口力 厚生労働大臣様

 日頃障害者福祉の実現にご尽力賜り、誠にありがとうございます。
 私は4歳になる自閉症男の子の父親です。
 厚生労働省が支援費単価切り下げの案を出したことに対して驚きと深い悲しみを覚えました。
続きを読む

【署名】「数」にこだわらない

支援費

【署名】「数」にこだわらない

 今回初めて、趣意書を作るところから署名活動を自分たちでやってみて感じたことを書きとめておきます。

★「数」にこだわるワタクシ
 やってみて感じました。

(1)いっぱい集めたくなる
(2)たくさん集めた人が輝いて見える

 署名は、権力を持たない一般人が「数」を背景に政策に意見反映を目指すものですから、署名をより多く集めたくなるのは当然のことです。
 でも、これってヤバイかも? とも思いました。

★「数」にこだわらない
その理由は、
続きを読む
about us
ブログ内検索

WWW を検索
このブログ内を検索
最新コメント
カテゴリ別
月別過去記事
最新Trackback
解き放て (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
語る資格
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
選べないからしあわせ
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
着床前診断に関するメモ