カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル

〜自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界!〜

名古屋市立中学校「体罰事件」被害者の母親からのコメント

千種区にある名古屋市立中学校での自閉症のある生徒への体罰事件(事件について:中日新聞記事)について、愛知県自閉症協会・つぼみの会から名古屋市教育委員会へ改善要望書(全文)を12月1日に出しました。

改善要望書のことを知って、被害を受けたお子さんのお母さんからカイパパ通信あてにコメントをいただきました。
何度かやりとりをさせていただき、ご自身の「コメントを公開して、親の思いをみなさまにもお伝えしていただきたい」との希望がございましたので、お母さんの承認を得て公開させていただきます。

こんばんは、はじめまして。
私は、千種区内の名古屋市立中学校で特別支援学級担任による体罰を受けた男子生徒の母です。

同級生のママ友から、この度の名古屋市教育委員会への要望書提出の件をお知らせいただきました。

ありがとうございます。
非力を嘆いて来ましたが、大きな力になって頂けたことがとても嬉しく有り難いです。

私達なりに教育委員会の教職員課へ、どの様になっているのかとお伺いをしておりますが、警察の刑罰を受けてからの処罰になるそうです。

今回息子が描いてくれて発覚した体罰の絵は2枚あるんです。
ひとつは、新聞記事にも載せていただいたげんこつの絵です。もう1枚は、机に頭をぶつけられて泣いている絵です。
身体の震えが止まりませんでした。

drawing

げんこつだけでは無く、この行為により、頭に出来た広範囲な打撲になりました。
しかし、担任教師は、机に頭をぶつけたことを認めていません。

いつもニコニコと穏やかな息子ですが、まだまだ突然襲ってくるフラッシュバックに苦しんでいます。

学校で行なわれた体罰調査にも担任教師は他の生徒さんへの体罰を認めてはいません。

どこまで自閉症児と親を馬鹿にしているのか?
許せません。

この度は、自閉症協会さんからの息子の体罰事件について活動くださり感謝致しております。
ありがとうございます。
どうぞよろしくお願い致します。


以下は、カイパパの感想と考察です。

わたしは、机に頭をぶつけられている絵を見せていただいたとき、息をのみ、言葉を失いました。打ち所が悪ければ、重大な後遺症さえ起こしうる危険な暴力です。ご本人の痛み、ご両親のご心労と憤りはどれほどのものか……。

一方で、担任教師は、げんこつで殴ったことは認めていますが、机にぶつけた行為はしていないと否定しているとのことです。

わたしには、いずれが真実なのかを確かめるすべはありません。
ですので、一般的な話としての感想となりますが、重い知的障害のある自閉症の子どもが、「想像で」このような絵を描けるか?
わたしがこれまで自閉症のお子さんと接してきた経験から言って「想像で」描くということは考えにくいのではないか?と思います。

現在、警察が捜査中です。真相究明が待たれます。実はこれは、「知的障害のある人の証言能力」の問題(困難性)そのものでもあります。
知的障害のゆえに、記憶があいまい、証言がうまくできない、反対尋問に答えられないといった懸念から、起訴までいたらないことが多々あるそうです(※刑事罰は、起訴されて公判による判決がなければ科すことはできません)。
今回は、本人が描いた「絵」があります。この絵を「証言」としてどのように評価するのか?

今回の事件を、多くの当事者、当事者家族、支援者、市民が注目をしています。
捜査当局は、慎重な捜査を進める上で、「証言」の価値を正しく評価し、また、知的障害のある人が安心して証言できる配慮をお願いしたいです。知的障害のある人にも、適正な司法手続きの保障を求めます。

また、愛知県自閉症協会は、今回の事件を「警鐘」として受けとめ、教育委員会としての真相究明と再発防止に真摯に取り組むことを要望しています。
どうか希望と夢をもって成長できる教育環境を保障してください。よろしくお願いします。

【開催告知】1月16日「医療と上手に付き合う方法2016」

愛知県自閉症協会・つぼみの会では、1月16日(土)に医療セミナーを開催します。

『医療と上手に付き合う方法〜自閉症に対して医療は何ができるの?2016』を開催します♪
 ⇒こくちーずからお申込みください。
 http://kokucheese.com/event/index/355508/

*現在(12月27日10:30AM)、こくちーずサイト復旧しました。

2014年に名古屋で開催されて大好評だったあの企画を、2016年は豊橋でパワーアップして開催します! ご期待ください。

申込を開始しました。詳しくは、プロジェクト部blogをご覧ください。
http://tubomiproject.blog.jp/archives/49472892.html

ご参加お待ちしております!
対談
カイパパと吉川医師(2014年11月)

愛知県自閉症協会が名古屋市教育委員会へ要望書を提出しました

<愛知県自閉症協会が名古屋市教育委員会へ要望書を提出しました>

中日新聞(2015年11月17日朝刊)で報じられた、名古屋市立中学校の特別支援学級での担任による生徒への暴力事件に関して、愛知県自閉症協会・つぼみの会が名古屋市教育委員会へ要望書を提出しました。

このような虐待が学校からなくなり、特別なニーズのある子どもたちが安心して成長できる場にレベルアップすることを心から願います。

・事件について(中日新聞2015年11月17日朝刊記事)
「特別支援学級の生徒殴る 名古屋市千種の中学校 50代教諭傷害容疑」
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20151117164136376

今回愛知県自閉症協会は、以下の三点について要望し、名古屋市教育委員会の対応を求めています。

1 本事件への対応として、真相究明と責任追及について
2 学校内での虐待防止措置の徹底
3 特別支援教育の質向上

・要望書の内容は、愛知県自閉症協会ブログをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/tubomi_no_kai_aichi/archives/47088963.html

プロジェクト部報告「みんなで学校教育(特別支援教育)を考えよう」

9月にプロジェクト部は、「みんなで学校教育(特別支援教育)を考えよう」というテーマで、学校教育にアプローチしていくための作戦会議を開催しました。そのレポートを、つぼみプロジェクト部blogで公開しました。

名古屋市の公立中学校や武豊町の町立小学校での暴行傷害事件の報道に接して、今こそ本人のための教育を考える時だと考えます。

わたしたちの提案はまだ荒削りではありますが、ご一読いただき、ぜひ一緒に考えて、変化を起こしていきたいと願っています。

・【報告】9月19日企画会議「みんなで学校教育(特別支援教育)を考えよう」
http://tubomiproject.blog.jp/archives/48336139.html
12042638_923609141051058_6603283836508579412_n

特別支援学級の生徒殴る 名古屋市千種の中学校

これは書いておきます。

中日新聞2015年11月17日朝刊:特別支援学級の生徒殴る 名古屋市千種の中学校 50代教諭傷害容疑

名古屋市の公立中学校の特別支援学級で、担任が知的障害のある生徒をげんこつで殴り、けがをさせたという報道です。
名古屋市教育委員会は「調査中」ということで公表をしていませんでした。
学校は問題発覚後の10月28日、特別支援学級の保護者を対象に臨時の保護者会を開いて概要を報告した。しかし、通常学級の保護者への説明はなく、市教委は公表していない。市教委の担当者は「教諭らから聞き取り調査中で、事実だとしたら誠に遺憾で、処分を検討する」と話している。

障害者が被害者となった事件は、公表が遅い(されない)ことが多いように感じます。被害者が証言できないから?
この事件のように、殴った側が認めていても。

「いじめ」でもそうですが「なかった」前提で調査や対応すると「まずは隠そう」という心理が働いてしまいます。
「虐待」も同じです。「ある」前提で、調査対応をしていくことで、真実解明、原因特定、対策が可能になります。
被害を受けた生徒のケアを最優先に行うことはもちろん(同じ学級の生徒たちも心配です)、原因を解明し、再発を防止していただきたい。

殴りたくて殴る人はいないと思います。担任が指導に行き詰まり、手が出たのかもしれません。殴るにいたる前段階が必ずあったはずです。特別支援学級では、複数の教員が入っています。チームでの対応はどうなっていたのか。学校としての取り組みは?

「学校は、障害者虐待防止法の適用外だ」とよく言われます。そう聞くと「学校は虐待防止をしなくてもいいの?」と思ってしまいますがそんなわけはありません。
障害者虐待防止法29条にはこう定められています。
(就学する障害者に対する虐待の防止等)
第二十九条 学校の長は、教職員、児童、生徒、学生その他の関係者に対する障害及び障害者に関する理解を深めるための研修の実施及び普及啓発、就学する障害者に対する虐待に関する相談に係る体制の整備、就学する障害者に対する虐待に対処するための措置その他の当該学校に就学する障害者に対する虐待を防止するため必要な措置を講ずるものとする。

学校長の責任として、障害者に対する虐待を防止するため必要な措置を講ずるものとされているのです。

特別支援学級内でのチームでの対応と学校全体としてのバックアップ体制、虐待防止対策が求められています。しかし、対策を打とうにも、「虐待がある」と心のなかでは思っていても口に出せない。「ない」という前提で物事が進んでしまう。そういった職場風土が邪魔をしているように思います。

本気で虐待をなくすためには、目を背けたくなる現実があっても、直視するところから始めなければなりません。親も、教員も。訴えられない子どもたちのために。

【参考】「学校、病院が、障害者虐待防止法の適用外」ということの意味をコンパクトにポイントを教えてくれる記事です。
ノーマライゼーション 障害者の福祉2011年8月号「障害者虐待防止法の成立」佐藤彰一
2条では、前述のように、家庭、福祉現場、就労先の3種類の虐待を規定し、通報義務や対応スキームをおいているのであるが、3条では「何人も、障害者に対し、虐待をしてはならない。」と定めており、この3条に定める虐待と2条との関係をどう理解するのか整理が必要である。

本法では2条に規定する虐待を「障害者虐待」と呼ぶと規定しているが、障害者に対する虐待は、日常生活のさまざまな場面で生じていることは前述の通りであり、2条の規定からはずれる医療現場や教育現場における障害者に対する虐待を「障害者虐待」と呼べないのは、いささか日常用語とそぐわない。つまり3条に規定する障害者に対する虐待も、この法律を離れれば「障害者虐待」なのである。

死ぬことに対するわきまえ

今日は定期検診のため病院デー。経過は良好。
だけど、最近の生活について「まだ1年しか経っていないのですから無理はしてはいけません」と主治医から苦言をいただいた。「また同じことが起きてはいけないので、くれぐれも休みを十分とって」と。
命を救ってくださった先生は、わたしが無理をしている様子を聞くと本当に悲しそうな顔をして心配してくださる。

やっぱり。今のわたしは「不安なことを忘れよう」としているんだな。

「元通り戻った」と自分自身を説得したくて、無理をしようとする。健康でいたい、元気でありたい、という願いは誰しもある。それはきっと、死への不安の裏返しだ。毎日「死ぬかもしれない」と思って生きるのは辛い。だから、無意識にネガティブなことからは目をそらし、自分自身は死から遠い存在なのだと思い込もうとしてしまう。

「起きたこと」をあたかも「なかったこと」のように振る舞っていれば、本当に「なかったこと」に、幻想の中では変わっていく。そしてたがが外れる。

死ぬことを恐れるあまり「健康」にとらわれ、「不健康」な自分を受け入れず、否定する。そういうことなのかもしれない。

最近読んだ『治りませんように─べてるの家のいま─』(斉藤道夫著 みすず書房)の最後に出てくる向谷地生良さんが語る「死ぬことに対するわきまえ」について、考えている。

「人が死ぬってことは、人は生きるってことだし、人を生かすことだし。その生きるための力として、はぐくみとして人は死ぬといってもいいと思います。極端なことをいえば、人は死ななければ生きていける」 〜同書P.245〜
「だから、弱さを絆にというときの究極のテーマは、まさにそこでつながっている。死でつながっている。そういう暗黙の了解が、みんなあるような気がしますね」 〜同書P.245〜

わたしが考えたこと──
人はみないずれ死ぬんだよね。死に至る過程で、「弱い」じぶんと必ず出会う。嫌だって否定したって、弱いものは弱い。折り合いをつけ、受け容れ、愛することができるか? 嫌悪して否定したまま消えていくか? どちらか。

そして、「弱く」なるのは、死の直前だけじゃない。
生きているなかで、「弱さ」はいつもそばに──いや、じぶんの内にある。
それは、病気というかたちに限らない。苦手だとか、不器用だとか、くよくよするとか、じぶんの好きじゃないところ、嫌悪し隠そうとするところに「弱さ」はある。

目をそらし、見ないようにしてやり過ごしても、いつかそれに飲み込まれる。
ゲドの最大の敵は、じぶんの影だった。恐れて、逃げ続けるかぎり、それはゲドを追い詰め、力を奪っていった。
認め、じぶんから影を追いかけ、向き合ったとき、影を吸収し、彼は完全性をとりもどした。

【おすすめ】花島愛弥作品展が12月4日〜5日豊橋で開催

プロジェクト部の仲間、花島さんの娘さん「花島愛弥」さんの初個展のご案内です。
12191299_579877188836743_697472054076539579_o

【花島愛弥 作品展】
 彼女が唯一自由に表現できる、絵や工作の世界で15年の歩みをたどります。
 こころに大きな痛手を受けて、大好きな絵が描けなくなった時もありました。
 でも、暖かく見守ってくれる、みなさんのおかげで今があります。15年の感謝を込めて。

 工作コーナーも用意します。季節に合わせて、大きな松ぼっくりのクリスマスツリーを作ってみませんか?

・日時:2015年12月4日(金)10:00〜22:00
        12月5日(土) 9:00〜21:00
・場所:穂の国プラット芸術劇場2階研修室
   〒440-0887 愛知県 豊橋市西小田原町123
・入場無料

わたしは、本当に「良い」と思ったものしかおすすめしません。

愛弥さんの作品は、見ていただければわかるように、魅力に満ちています。色とかたちとその表情、ぐぃっと動物たちがこちらに近づいてくるようです。自然と笑みがこぼれるような愛に満ちた世界がそこにはあります。

こちらは、11月にオープンした医療法人積善会 第二積善病院のサインに採用された愛弥さんの絵です。すてきですよね〜!
12182946_578655818958880_7485180842263765468_o

新しい才能を見にいきましょう。

アウトプットを怠らない


これはほんとそのとおりだな。
特に、まとまった時間をとれないブロガーは「ディテール詰めて、推敲して」とやろうとすると投稿できずにずるずるいってしまう。そして、時機を逃す。

途中途中で、こまめにアウトプットする。
ブログは、続いている限り、すべては「過程」なんだ。

できることもちよりワークショップ 2年ぶりに開催します!

ひさしぶりの草の根ささえあいプロジェクトの記事です。
「できることもちよりワークショップ」を名古屋で2年ぶりに開催します。(2年前のレポート
12190115_915842215172026_4843421067952150866_n

草の根ささえあいプロジェクト主催「できることもちよりワークショップ」
2015年11月23日(祝・月) 吹上ホール第3会議室にて開催!

*お申込み→ http://kokucheese.com/event/index/345077/

◆できることもちよりワークショップとは?
支援者がまず「たてわりの壁」に気づき、横につながる<扉>を見つけるためのワークショップです。
この<扉>を通じてつながることで、私たちが今まであきらめてきた 生きづらさを抱える人たちの問題を、「しかたないよね」から「何とかできるかも!」に変えていく。
そんな時間を共有します。

NPO、行政、企業。地域の方と当事者が同じテーブルにつき、それぞれの強みやつながりを発見し、自分たちのできること・みんなでできることでささえあう、今までにない新しいプロジェクトです。

・つながり発ささえあい行き:できることもちよりワークショップとは
http://blog.canpan.info/motiyori/archive/2 より引用

名古屋では2年ぶりの開催ですが、実は全国へ出張して開催し、改善を続けてきました。
直近では、今年の7月にせと・おせっかいプロジェクトさんが瀬戸市で開催をしてくださいました。
そのときの参加者林ともみさんのレポートをご覧いただくと、具体的なイメージがつかめると思います☆
草の根さんが出して下さったたくさんの事例の中から、
事前に4例を選び、その事例についてグループで
支援策を出しあうというものです。

その4例のうち、自分はどの事例にあたるかは
分かりません。

テーブルにいあわせたメンバーが具体的に
「できること」「あるといいな」を出しあうのです。

付箋に書いてペタペタ模造紙に貼っていきます。

ファシリテーター以外のメンバーがかわり、
今度は自分が興味ある事例にいきます。
そして、また違った目線で見ることで、
新たな支援が生まれます。

…中略…

「何か困ったことがあると、
「行政は何やってるの」
「国の制度が悪いんだ」
「ちょっとなんとかしてよ」と

行政に求めがちですが、
実はマンパワーでなんとかできることって、
結構あるものです。

そして、職種や立場が多様であればあるほど、
アイディアが出てくるのです。」

・林ともみの ともみ と ともに・・・。:できることもちよりワークショップ
http://ameblo.jp/tomorin828/entry-12047951590.html より引用

草の根ささえあいプロジェクトが「名古屋市子ども・若者総合相談センター」を運営するようになってからの多くの方々との出会いが、「できることもちよりワークショップ」をもっと意味あるものに!鍛えあげる動機ともなっています。

時間をかけてバージョンアップした「できることもちよりワークショップ」に参加してみませんか? 

自分は、福祉だとか支援だとか関係のある仕事をしていないから……と思うあなたも、地域で気になる課題に力になりたい思いがあれば、ぜひこの場に参加していただきたいのです。

更に進化をとげ、パワフル!!になった
「できることもちよりワークショップ Newバージョン」を
ぜひ体験しに来てください。
開催間近ではありますが、みなさまのご参加を心待ちにしております。
===================================
◆日 時 : 2015年11月23日(祝・月)
      午後1時〜5時30分(受付 午後12時30分〜)
◆会 場 : 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)
4階 第3会議室
      http://www.nipc.or.jp/fukiage/sub/access.html
◆参加費 : 会員500円 非会員1,000円
※当日、草の根ささえあいプロジェクトの
会員になっていただくこともできます。
◆定 員 : 70名
◆お申し込み:こくちーずからお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/345077/

「自己決定とは自分だけで決めないこと」※親は例外

俗にいうこの「自己決定」の視点は、今や、あらゆる福祉サービスやケアの大原則として広く普及しています。その自己決定論を背景として専門家が当事者とかわす言葉の中に、
「あなたはどうしたいの……」という問いかけが、あらゆる場面で見受けられるようになりました。しかし、その問いを投げかけられた当事者の多くは、「自分が決めたのだから、その結果責任はあなた自身が背負うことになります」という背後にあるメッセージに緊張を覚え、恐怖を感じるといいます。

・引用記事:往来物手習い:自己決定とは自分だけで決めないこと
※上記の引用箇所は、向谷地生良・浦河べてるの家『安心して絶望できる人生』P.66〜68からの引用。

井上淳之典さんが引用するべてるの家の向谷地さんのことばを読んでわたしが考えたこと──

「自分だけで決めている」ことは、どの人も実は限られていて、実際には家族や友人と相談したり先生や同僚と話し合ったりして「こんなもんかな」と決めている。ネットの質問板があれだけ盛んなのも、ネットでの相談を決定に活用しているからでしょう。

「自分で決めた」経験がない人は、実は「相談をして決めた」経験がない人だったりする。相談のしかたを知らない(どこまで相談をして、何を選んで採用して、決めたらいいのか? 相談者が言うことに100%従わず、今回は70%にしておく、というあんばいがわからない)。

「あなたはどうしたいの」の問いかけは、根源的すぎてこわいものがある。
「あなたは何を頼む?」とレストランで尋ねられて、決められず冷や汗をかくのも当たり前にあること。ましてや、生活の根幹に関わるようなことを「自分で決めて、責任も取れ」と言われたら、こわくて決められないよね。

「意思決定支援」を考えるときに、「自己決定とは自分だけで決めないこと」というコンセプトを必ず思い出したい。

──とここまでが、今朝カイパパFacebookページに投稿した内容で、非常に多くの方に見ていただきました。が、ここで終わってはいけないという危機感で、以下書き足しました。

「意思決定支援」を考えるときに、「自己決定とは自分だけで決めないこと」は意識すべき。

だがしかし、「親」だけは、本人の意思決定に介入をすることに極力抑制的でありたい。

なぜなら、「親」が子に対して持つ影響力は、他の周りの人とはレベルが違うからです。
「親」がする「助言」や「選択肢の提示」は、意思決定「支援」を超えて、「代行」になりがちです。それは、形式的には本人は「選ぶ」かもしれませんが、生まれた時からの関係性(習慣)によって本人も「自動的に選ばされている」状態になってしまう。

さらに、「親」は、意思決定に介入した「責任」を自分が取るつもりなだけに、余計にたちが悪い(※自己批判です)。

「我が子のためにしたことの責任は、私が取ります!」一見いさぎよいように見えますが、これは最悪です。「本人が、自分自身の行動の責任を取ること」すなわち「自分自身の人生を生きること」を「親」が奪いとってしまっていることに気づいていないからです……。

自分で決めて、自分で責任を取る。それが、ひとりの人間の人生ですよね。
残念ながら、「親」が意思決定支援に関わると、やり過ぎてしまう。奪ってしまう。それは、「親」がずっと「親」をやってきたがゆえに(涙)。

わたしは、カイの意思を尊重したい。彼が自分で決めて選べる大人になることを目指して、日々暮らしています。彼は、昔よりもはっきりと意思を示せるようになってきています。「選ぶ」前提となる「経験」を今のうちにたくさん提供すること。それが、「親」であるわたしたちの役割で、彼が大人になってからは、彼の意思を尊重し、決定を手伝ってくれる人たちにささえられて、人生を生きていって欲しい。そう願います。
about us
ブログ内検索

WWW を検索
このブログ内を検索
最新コメント
カテゴリ別
月別過去記事
最新Trackback
解き放て (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
語る資格
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
選べないからしあわせ
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
着床前診断に関するメモ