【再開】ただいま〜☆愛読者カードにお応えして

★カイパパです!
 ただいま〜☆です。

 みなさん、愛読者カードご記入ありがとうございました。
 一つ一つの言葉に、感動し、励まされました。
 初めてお見掛けするお名前もたくさんあって、うれしかったです(坂井聡先生も読んでくださっていたのですね! 感激)。URLを書いてくださった方のサイトへ訪問して、私も感想を書き込みに参ります。

 愛読者カードを読んで、カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクルのあり方について、とても示唆を受けたので、記事の形でお応えします。

★気に入っているところとして
(1)情報量が多い
(2)自閉症以外のテーマにも触れている(広がりがある)
(3)新しい視点、発見がある
(4)ほぼ毎日更新されるところ(!)(^^;
(5)文章が好き(*^^*)

 といったご意見をいただきました。「愛読者様」ならではのおほめの言葉、本当にありがとうございます。

★(1)情報量が多い

 多いですか? 一日せいぜい3記事更新がやっとなので、大したことはできていないと思っています。
 ただ、毎日のつみかさねで、数だけは180記事くらいになっています。
 つみあげたトータルで「見かけ上情報量が多く」見えているのかな?

 私のお気に入りのサイトを紹介しますね。これを使えば、カイパパ通信blogくらいの情報量は軽く入手できますよ。

○厚生労働省
 http://www.mhlw.go.jp/

○asahi.com(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/home.html

 この2つは「サイト内検索」がとっても充実して使いやすいです。
 時間のあるときに「自閉症」や「知的障害」「支援費」で検索をしてみてください。きっと新しい発見があります。

○ふくしチャンネル
 http://www.fukushi.com/

 勉強になりますよ〜。「情報が多い」とはこのことを言うんですね。
 このサイトは、NPO全国福祉情報推進協議会が運営しています。
 個人HPではできないNPO法人ならではの素晴らしさです! 福祉財団関係の「助成事業募集」などの情報も充実。
 ぜひみなさんも活用してくださいね(^^)

○Bulkfeeds
 http://bulkfeeds.net/

 ブログ検索は、このサイト無しではありえません。
 Googleなど検索エンジンではキャッチできないブログの最新更新まで検索することができます。
「旬な話題」に触れる時には、いったん記事を書き終えた後、チェック&トラックバックのためにこのサイトを活用するといった使い方をしています。

★(2)自閉症以外のテーマにも触れている(広がりがある)

 あー、これは実は気にしている点です。

 2月の始め頃、NPOふわりの戸枝さんの講演を聞きながら考えていたこと――そのときのテーマは「NPO法人の社会的使命(ミッション)」――
 このサイトのコンセプトは、「自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界を紹介し、自閉症に関わる人たちと勇気と知恵を与え合う」です。
 戸枝さんのお話の中で「いかにして、構成員全員がミッションを共有して、金や行政に利用されずに、ミッション達成を揺るがせにせず続けていけるか?」という問いかけを繰り返していました。
 私の自問自答は、「手を広げすぎていないか?」ということでした。

 具体的には「虐待」についてです。
 そもそも私が「虐待」を取り上げたのは、「障害児は虐待の被害者になりやすい」という問題意識からでした。しかし、その後、虐待事件は頻発し、私がほとほと参ってしまったのは、岸和田市の虐待事件でした。あの事件に対して、私は語るべき言葉が見つかりませんでした。
 また、一時は「報道される虐待事件すべてを記事にしてクリップしていこうか」と思ったこともありました。しかし、私には「哀悼の意」を示すことぐらいしかできない。たくさんの事件を機械的にクリップすることにどれだけの意味があるのか。そうやっているうちに、自分の感性が麻痺してくることをおそれました。
 だから、私は虐待の事件を追いかけることをやめました。「自分にしかできないこと」ではないと判断したからです。
「これからは全く虐待について取り上げない」ということではありません。私のサイトのコンセプトにつながりがある場合には論じていきます。
 
「自閉症に限定されない、広がりがある」という愛読者様の言葉は、もちろんほめ言葉として受けとめています。カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクルとして、コンセプトとミッションにのっとった範囲で、自分にしかできないことをやっていきたいと思っています。
 コアとなるのは、「自閉症スペクトラム」「知的障害」「福祉」です。

★(3)新しい視点、発見がある

 これは、メチャクチャうれしかったです! 私が犬だったら、しっぽがすりきれるくらい振っているでしょう。
 私が、この「ブログ」という形式の個人サイトを始めて、もっとも参考になった本に、レベッカ・ブラッドの『ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス』があります。
 この中でレベッカは、「ブログの本質はフィルターだ」と語っています。「フィルター」つまり情報を選別し、組み合わせて示す機能――レベッカは「サイト開設者のコメントがなくても、紹介しているリンクによって、開設者の考えていることを外側から表現できる」と書いています。「どんな情報、記事を紹介するか」によって、頭の中を明らかにすることができるという意味ですね。
 この指摘はすごく納得がいきました。
 普通の個人がサイトを作り上げていくときに、他の人がアクセスできない特別なニュースソースを持っていることはほとんどありません。ある特定の分野について(たとえば、カイの子育て)以外で、情報の一次ソースになることはできない。
 所詮は、誰でも入手できる情報を使って、他人の脳みそで考察されたアイデアを活用して、自分の記事を作っていくことしかできない。
 けれども、それは卑下することではなくて、「何を」「どう」取り上げるかで、自分の伝えたいことを表現することはできる。
 一見関係のなさそうな情報を組み合わせたり、過去の経緯と結びつけたり、自分の体験と組み合わせることで、新しい視点を提供することができるかもしれない。
 私は、「独自性」や「新奇性」にこだわるつもりはありません。自閉症に関わる人たちに勇気と知恵を与え合う目的を達成できたらいいんです。そのための記事を書いていきたいのですが、「新しい視点・発見がある」という言葉には、勇気と知恵(特に知恵の部分)が伝わっている気がして、すごくうれしかったです。

★(4)ほぼ毎日更新されるところ(!)

 あはは。
 これも、再開するにあたって、「どうしようかな?」と悩んだ点です。
 毎日(私の場合は毎朝)続けていくのは、時々難しくなります。書くことがないわけではなくて、純粋に時間の問題です。
 1週間の休みを取るまでは、「毎日続けないと読みに来る人がゼロになっちゃう」といった強迫観念もどこかにあったようです。

 休んでみた実験結果はどうだったか?

・休んでいた8日間の平均訪問者数は――
 「224名/日」でした。

・ちなみに、休む前の1週間の平均訪問者数は――
 「226名/日」でした。

 ということは、休んでも休まなくても訪問者数は変わらないという結果ですね(爆)
 しばらく旅に出たくなりました。

 ――というのは冗談で、
「3ヶ月間の蓄積があって、180記事の読み物があるということは、1週間ぐらい休んだって、どうということがない」ことの証明でしょう。
 これで、「毎日更新しなければならないという強迫観念」から自由になれました。
 これからも、基本的には「ほぼ毎日」更新(日曜・祝日定休)のペースでいきますが、たとえば忙しいとき、体調の悪い日や寝坊をした時などは、予告なく「気楽に」お休みしたいと思います。
 なにとぞご理解賜りますようお願いします。

★(5)語り口・文章が好き、なんか好き、癖になる、魅力的

 ………

 なんだろう、「愛の告白」を受けたみたいで、カイパパ、固まってます(*^^*)
 スペクタクルだなあ。

 みなさ〜ん、ありがとう☆

 私ぁ、そんなに支持してもらえるような立派なニンゲンではありませんが、みなさんの言葉を糧に前に進んでいきたいと思います。
 これからもよろしくお願いします。