BLOG!

【blog管理】1か月間のレビュー

 カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクルは、2003年11月22日にオープンしました(MypfofileJapanにて→元祖バージョン)。昨日で、丸1か月(30日間)が経過しました。なんだかんだと「毎日更新」できてしまいました
 コンセプトである「勇気と知恵を与え合う」ことができたかどうか、感想をいただけるとうれしいです

★データ(2003/11/22〜12/21)

訪問者数 122名

ページアクセス総数 4,128アクセス
   (内訳)blog 3,944 プロフィール 184

blog平均アクセス数 131/日
 〃 (直近1週間) 221/日

最多アクセス 268(12/16)
最少アクセス  51(12/4)

★分析めいた感想
 最初は、本当にキラクに「ブログってどんなもんだろう?」と始めました。
 私はこの2年間メーリングリスト(つぼみパパML、TEACCHプログラム研究会愛知支部ML)を発言のメインフィールドにして、ML世話人という立場で書きまくってきました(2年間で6000通発信)。
 ブログは、メーリングリスト(登録者限定の道具)とはまた違った「公開」のスリルと面白さがありました

 訪問者数が「122」ですが、1回たまたま迷いこんでしまった人も1名とカウントしてしまいます。それを除いて(マイナス20%で補正します)、およそ100名が毎日か数日おきに読みに来てくれているようです

 その内訳を想像するに、

(a)友人、家族など身内  20
(b)面識またはML参加者  40
(c)講演会でアドレス交換 10
(d)自閉症に関心のある人 15
(e)ブログでたまたま来訪 15

 といったところでしょうか? (a)(b)(c)はかなり正確なので、7割は私のことを知る読者+3割が面識のない読者というイメージでいます。(e)は、11名の方が私のブログがMyblogListに登録してくださっていることから推計しました。

★これからどうなる?
 私は2回100名相手のプレゼンテーションをやったことがあります。あんな会場のボリュームを想像しながら、これからも「ささやかに」続けていきたいと思っています。

 私の人数に関する具体的なイメージは、「学校」です。

 40人が大体1学級ですよね。その次は、100人。これは大学の中規模の教室での講義。
 次の階層は、400人=一学年(今は少子化でこんなに多くないだろうけど)。つまり、同じ学年みんなに知られている。
 さらに、1200人=1つの学校ですよね。学校の誰もが知っている……こっちは知らないのだけれど。

 たしかに、訪問者が100名を突破した時には、ひとつの壁を越えた気がしました。でも、やることは変わりません。これまでどおり、ささやかに「自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界!」を紹介してみなさんと共有・共感できたらいいなあと思っています。
 素晴らしい1か月の体験でした。これからも気楽におつきあいください