■ありがとう!(1) ジュンク堂名古屋店さん

 ずっと仕事が忙しくて、書店めぐりもできずにいました。先週一段落して『ぼくらの発達障害者支援法』出版後初めて本屋さんに行きました。自分の本が果たしてあるか? どきどきしながら――

 まず行ったのが、名古屋駅そばにあるジュンク堂名古屋店(地図)です。頭に入っている「福祉」のコーナーに行き、一番上から順に探す。棚の上段に、ぶどう社の本が固めてあるのでそこにあるかなあと思いつつ――ない。

 あれー、ないのかなあ…とがっかりしかけたその瞬間――

本ジュンク堂


 ええーー! こっち向きで、一番目立つところに置いてある。しかも6冊も!
 尊敬する藤井輝明先生の『この顔でよかった』と仲良く並んでいました!

カイパパジュンク堂
 うれしくて、店員さんに声をかけて
「あのー、この本の著者なんですけど(すげー小さい声(^^;)、記念撮影とってもらってもいいですか?(さらに小さい声)」とお願いをしてみました。
「ええーー!」と店員さんも驚いていましたが、「はい。喜んで」とパチリ。テレながらの一枚です(*^^*)
「こんなに目立つように置いていただいて感激です」と私。
「評判が良くて、追加注文したんですよ」と店員さん。

 うれしかったー。

 実は、ジュンク堂名古屋店は、資料の本をたくさん買ったり、近くのCoCo壱番屋チキンカツカレーを食べながら、本の第3部の下書きを書いたりした思い入れ深い書店なんです。それだけに、『ぼくらの発達障害者支援法』をこんなすばらしい待遇をしてくださって、感激ひとしおです。

 ジュンク堂名古屋店様、ありがとうございます!
 『ぼくらの発達障害者支援法』を実際に手にとって買いたい方は、ジュンク堂へゴー!!