■【注目記事】養護学校、自閉症の小学生2.3倍に(1986年比)

 注目記事の紹介です。

・日本経済新聞(2006年6月11日)社会面
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060610STXKG026510062006.html
■養護学校、自閉症の小学生2.3倍に・86年比
 全国の知的障害養護学校で、2004年に自閉症と診断された子どもの割合が前回調査の1986年に比べ、小学部2.3倍、中学部1.9倍になったことが10日、国立特殊教育総合研究所の調査で分かった。

 「自閉症の疑いあり」を含めると、在籍率は小学部48%、中学部41%に達したが、自閉症の特性に応じた指導を学校や学部全体で進めているのは24―26%にとどまっており、対応の遅れが浮き彫りになった。

 同研究所は「自閉症の子どもの教育は知的障害とは別に考えるべきだ。個々の教員に頼るのは限界があり、指導のノウハウを共有するなど組織的対応が緊急の課題だ」と指摘している。

 調査は2004年夏に全国の盲・ろう・養護学校を対象に実施。91%から回答を得た。

 このうち、知的障害養護学校小学部で自閉症と診断された子どもの割合は、86年の調査時に15%だったが04年には34%に。中学部でも14%から27%に増えた。「疑いあり」も含めた04年の在籍率は高等部25%、幼稚部は69%で、全体では35%だった。〔共同〕 (23:29)

【関連サイト】
・独立行政法人 国立特殊教育総合研究所
http://www.nise.go.jp/
 記事になった調査報告は、まだサイトに掲載されていないようです。

 発達障害者支援法が生まれた必然性を裏付けるデータですね。

 私の体験でも、カイが通っていた知的障害児の通園施設では、5割くらいが自閉症でした。

 通常学級での広汎性発達障害の疑いのある児童生徒の増加、特殊学級在籍生徒の増加、そして養護学校では、自閉症スペクトラムの濃い部分の層の増加。自閉症・発達障害の絶対数が増加しているのか、診断技術が向上したために診断のついた数が増加したのか、議論はありますが、障害特性に合った支援の必要が高まっています。

 国立特殊教育総合研究所の指摘――「自閉症の子どもの教育は知的障害とは別に考えるべきだ。個々の教員に頼るのは限界があり、指導のノウハウを共有するなど組織的対応が緊急の課題だ」――のとおりです。研究所には、連携機関である筑波大学附属久里浜養護学校(平成16年4月1日から知的障害を伴う自閉症児対象の専門学校となった)の研究成果を全国に展開していくことを期待しています!