■【おすすめシンポジウム】障がい者の就労を広げる集い@8月20日刈谷市

 おすすめのシンポジウムの情報です。今度の日曜日です。就労のことを真正面から取り上げるシンポジウムは貴重ですよね!

チラシより引用
刈谷市を中心に、企業と協働事業を行い、障がい者の就労支援を行っているNPO法人パンドラの会が、NPO法人わっぱの会・社会福祉法人共生福祉会なごや職業開拓校様のご協力で、「障害者自立支援法」の施行を10月に控え、今後、障がい者就労はどのように進め、広げて行かなければならないかをテーマにしたシンポジウムを開催します。

国は、障がい者を労働者として扱い、彼らの労働力に期待しています。しかし、現実は、彼らの労働の機会、働く場が極端に少ないことも事実です。自立支援法の中に組み込まれている就労支援事業が、今の現実(授産所)とそう変わらないような事にならないよう、障がい者の雇用の場をどのように広げ、企業のCSR(企業の社会的責任)とのマッチングが出来るかを考えていきます。

パネラーとして、衆議院議員厚生労働委員会理事の大村秀章様・厚生労働省障害福祉課課長補佐の田仲教泰様・現在障がい者を雇用している蠻魃票法β緝充萃役 高見正章様をお迎えし、社会福祉法人共生福祉会なごや職業開拓校代表の齋藤縣三様の司会で進めていきます。

又、企業が障がい者を雇用した場合に支払われる助成金や、制度についても説明を行ないます。現に障がい者を雇用している事業所様、これから障がい者雇用を進めていきたいと考えている事業所様、障がい者の就労問題を考えている団体又は個人の方々、是非お越しください。きっと良い情報が得られることは間違いありません。

 時期的な問題もあり、参加申し込み状況がかんばしくないと聞いております。よい内容なだけに、「こういったテーマではニーズが少ない」と認識されてしまうのが、とても残念です。カイパパは、北海道なので参加できませんが、ご都合のつく方は、ぜひぜひご参加いただきたいと思います。
・開催日:平成18年8月20日(日)
・スケジュール:受付 12:30〜 シンポジウム 13:00〜16:00
・会場:刈谷市産業振興センター 7階小ホール
・参加費:1000円(資料代)
・連絡先:特定非営利活動法人 パンドラの会事務局
・電話/ファクス:TEL0566-25-3012 FAX 0566-23-4373
・E-mail:opandora@katch.ne.jp
詳細はチラシ()をご覧ください。

 名古屋駅から刈谷駅までは、新快速で16分。会場である刈谷市産業振興センター、は、刈谷駅北口から徒歩3分ですので、名古屋市内の方も気軽に足を運べますよ。

【参考】
 株式会社 白栄舎は、東大阪市にあるクリーニング業の会社です。
 (社福)共生福祉会なごや職業開拓校は、名古屋市西区にある能力開発訓練施設です。

【参照したサイト】
・大阪府:障害者雇用ホームページ:ワークブイおおさか 平成16年新年号
http://www.pref.osaka.jp/koyosuishin/syogaisyakoyo/work-v6/v6-04-01.html

・大阪府大阪府ハートフル企業顕彰賞:2003年度受賞企業
http://www.o-heartfull.jp/topics-3.html

・愛知県精神保健福祉センター:あんだんて08(働きたい)
http://www.pref.aichi.jp/seishin-c/seishinhokenfukushijoho/andante08.html
 なごや職業開拓校(能力開発訓練施設)
 うどん店舗での店内作業、接客業務、企業内実習などを通して職業自立を図る訓練施設です。
 訓練期間は1年。月曜から金曜の1日6時間の訓練です。選考試験があり、定員は5名です。
 受講料は無料です。見学は随時可能。(要電話予約)
 問合せ先:なごや職業開拓校 電話052−582−6006
 〒451-0051名古屋市西区則武新町2丁目24-14