■私のワープロ&PC遍歴

 3年半愛用(酷使)してきたPanasonic Let's note W2が壊れてしまって、新しいパソコンへの移行がようやく一区切りつきました。

 新機種は、NECのLaVie(家用)とThinkPad X60(モバイル用)です。

 今回W2がハードディスクがダメになってしまった際、バックアップが「今年の5月」以来更新していなくて、故障までの間のデータが全て失われてしまいました。さらに、メールのバックアップは、「2005年2月」で更新していませんでした。

 大いに反省をして、パソコンを更新するに当たり、ホームネットワークを組んで、万全のバックアップ体制を構築することにしました。無線LAN、無線プリントサーバー、LANハードディスク、外付けのDVDライターなど。
 やってみると、わからないことだらけで、自分がやったことを次回きっと再現できないナアと思いつつ「魔法の書(マニュアル)」を使って何とかやりました。

 私は、パソコンは文房具だと思っています。機械とかテクノロジー的なものには関心がありませんが、「気に入ったらとことん使い倒したい」と思っています。

 ふと、これまでの遍歴を振り返ってみたくなりました。

★私のワープロ遍歴

 私のキーボードに触れるようになったのは、ワープロからで、かなり古いです。

brother ピコワード(1986年 当時14歳)
 → EPSON WordBank
  →NEC 文豪×2機

 7年間で4台。

★私のパソコン遍歴

Mac LC520(1993年)
→Mac PowerBook145b
  →IBM ThinkPad(Win98)
   →Panasonic Let's note W2(WinXP)
    →NEC LaVie(WinXP) +Lenovo ThinkPad X60(WinXP)

5代目です。13年間で4台かー。

 どれも思い出深いです。

★キーボード稼業20年

 14歳で、キーボードをたたき始めてから、丸20年と今気がつきました。

 最初のピコワードは、10文字しかディスプレイに映らず、単漢字変換という、おっそろしいスペックでした。懐かしい。

 なんというか、「20年」というところに、驚きを感じますね。実家のコタツで、ピコワードを、目を輝かせて打っていたあの頃を思うと。たしか、今はなき「マツヤデンキ」でお正月に買ってもらったような気がする。

 当時夢見たこと(自分の本を出せたらいいな、みたいなこと)がかなっているなあ。

 ずーーーっとめんめんと続けてきたことがやっぱり自分の力になっているなあ。

 寿命が70歳までだとすると、年が明けたら、私も「折り返し」です。

「人生の向こう側」に到達です。

 もうピコワードじゃないから、後輩の指導とかもしていかなくちゃいけないわけです。

 1日1日を大切に、後悔を少なくしていきたいものです。

 なんてことを、愛機の数々を思い出しながら思っています。
 物を大切にしない私だけど、今もこの手に残る感触は、かけがえのないものだよ。ありがとう。

 こういった「遍歴」を思い出すと、当時のことが浮かび上がってきていいもんですね。みなさんの「遍歴」も良かったら教えてください!