■「純粋なペアレンツ・トーク」への反応が…

コメントをしてくださったみなさんありがとうございます。
ケイタイにコメント通知が届く設定をしているので、コメントが届くたび、
ふわりと気持ちが少し浮き立つような、そんな思いを味わっています(^^)



前回(純粋なペアレンツ・トーク)と前々回の記事(痛みの記憶〜語ること)に対して、
こうままからアンサー記事をもらった。

その記事へのコメント欄に、たくさんの、身にしみてくる思いがたくさん寄せられています。

親も、
本人も、
支援者も、
きょうだいも、

みなそれぞれの思いを抱えて、生きて、語ってきた、
これからも、語っていくんだな…

読んでいて、じーんと来るものがありました。




ウォーリーさんも、アンサー記事を書いてくれて、
そのコメント欄で、ご自身の決意を語っています。

どちらの記事も、コメントに目を通してもらえたらうれしいな。