ブログ更新を再開して、むかし自分はどんなことを書いていたのかな?と少しずつ読み返しています。

2006年10月に書いた記事、
・カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル : 「できない」は「今は、できない」だけ

これは、2004年にあったカイの保育園運動会でのできごとをつづったものです。
「できない」は「今は、できない」だけ。

という先輩お父さんH.Suzukiさんからかけてもらったことばを紹介しています。
子どもは成長するから。
今の「できない」は、「今は」できないだけ。
もしかしたら、ずっとできないかもしれないけれど、いつかはできるようになるかもしれない。
そんなことは「今」の時点では、だれにも断言できない。
親は、悲観もせず、楽観もせず、可能性を信じて育てていけばいい。

記事を書いたときから5年、保育園の運動会の頃からは7年が経ちます。
「できないこと」は、今も数え切れなくあります。
が、7年のあいだに「できるようになったこと」をひとつひとつうれしく数え上げることが私たちにはできます。

「親は、悲観もせず、楽観もせず、可能性を信じて育てていけばいい」

わたし自身、今も何度もくりかえしかみしめていることばですが、
もしも今、幼児期で、本当に本当に毎日苦労と失望の連続で、つらくてしかたがない暮らしをしているお父さんお母さんに伝わったらうれしいと思い、紹介をさせてもらいました。

足踏みや、足踏みどころか後戻りのように感じる日々もたくさんありますが、
ゆっくり、少しずつですが、成長するんですよ、この子たちって。