偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド
偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド

『偏愛マップ』という本があって、
知らない人と自分が「偏愛」するモノ・コトを共有することで親しくなろうというコンセプトで、
方法が解説してあります。

単に「好き」とか「趣味」ではなく「偏愛」なのがポイントで、
とがった部分どうしを知ることで、より深く人物を理解できるということ──
なんだけど、流行んなかったですね。私も一回も使ったことがないです。

コンセプトは、正しい。
たしかに、今まで深く親しくなった人とは、互いに偏愛するモノコトを知り合っていたなあと。

たぶん、偏愛は、個人的すぎて気恥ずかしいんでしょう。
あまりにも、自分が出ちゃうというか。

そう思うと、みうらじゅんさんの「マイブーム」ということばは発明だなあと思います。
「偏愛」も重なってたりするんですけど、「マイブーム」といえば、口に出しやすいです。

私のマイブームは、テニスです。

偏愛は……、ナイショ。