昨日のほぼ日手帳のひと言のことを考えていた。山岸俊男先生の言葉。

ある生物の集団やグループの大きさと
その生物の脳の大きさには
かなり強い相関が認められるんですね。

そういった観点で眺めてみると
だいたい「150人くらいの集団」で暮らすように
人間の脳は、できているというんです。

元記事はこちら。
・ほぼ日刊イトイ新聞-やっぱり正直者で行こう! 山岸俊男先生のおもしろ社会心理学講義。 http://www.1101.com/yamagishi_toshio/2009-01-20.html

1月からTwitterをやっています。
はじめは「友達100人できるかな♪」と思って、フォローされたらリフォローをして、どんどん増えていくのが楽しくて。

そして、200人を超えた頃に、タイムラインを追えなくなり、疲れてきて、今度は50人まで減らしてみました。
タイムラインがゆっくりになって、追えるけど、なんかちがう、気がしました。

「新たな価値の発見は、自分の外からやって来る」という言葉を、高校時代の恩師に教わって、これまで実際にそうだったなと思うことばかりで。Twitterは、それがよくて始めたんだよなあと初心を思い出しました。

で、再び、フォローしてくれた人は積極的にリフォローして、いつの間にか300人を超えるようになりました。いつの間に……

こうなってみると、タイムラインは全く追えません。
「150人」という数が、ひとつのラインのような気がしますね。

──と、どうでもいいことを長々とすみません。これは前置きです。

今日のお昼休みに、iPhoneで、この記事を見て、爆笑してしまいました私。必見。

・本当にTwitterはモテるのか? | オモコロ特集
http://picup.omocoro.jp/?eid=935
follow me!follow me!と叫ぶだけのTwitterライフにそろそろ終止符を打ちませんか?待っているだけでは誰もあなたの人生をRTしてくれませんよ!さあ、明るい未来にリプライしましょう!

いや、本当にTwitterやってもモテませんけど、リフォローはします。一緒にどこまでいけるか、いってみませんか?
よろしかったら、follow me! @kaipapa2shin(笑)