IMG_1224
2005年の8月に、こんな呼びかけをしたのです。

・教えて! 「カイパパ通信らしい記事」
http://kaipapa.livedoor.biz/archives/50008585.html
 本の中で、ブログの雰囲気を伝えるために、カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクルの画面の画像を載せたいと思っています。
「どの記事がいいかなぁ〜?」とずっとあれやこれやと悩んでいるのですが決まりません。自分のことって、なかなかわからないんですよね。

 このブログの、発達障害者支援法関係の記事以外で、みなさんが読んで印象深かったもの、本に載せたらいいと思うものをコメントで教えてください。

自分で決められないときは読者に聞こう、ということで、Call & Response──呼びかけて応えてくれる信頼関係と親密な雰囲気がこの頃はあったなあ、とコメント欄を読みながら思い出しました。

実際にどの記事を本に載せたかの報告をしていませんでした。遅くなりました。報告します。

ほとんさんがコメントしてくださったこの記事です!

・「自分にしかできないこと」だけやろう
http://kaipapa.livedoor.biz/archives/28525.html
 去年の暮れ、あまりにも忙しくて弱音を吐いたときに、妻が「あなたにしかできないことをやったらいいよ!」と言ってくれました。その時、なんだか胸がすぅっとしました。

 それまで私は「自分にできることがあればやります」というスタンスでいました。

 これは、「できる範囲で力を尽くします」と控えめな表現に聞こえるけれど、厳密に考えると、できること全てに手を出さなきゃならないわけで、めちゃくちゃ大変な決意なわけです。もしも、できることがたくさんあったらどうするの? 死んじゃいますよね。

ブログ再開して書いたあなたはそれでいいんです「がんばれ」って言わないで 「がんばらないで」と言わないでに通じる、どこまでがんばるか?──限界までの距離を測る内容の記事でした。

いまのだらけっぷりを省みて、なんだこの熱は……とたじろいでしまいそう。
でも、この頃があって今があるんですよね。

最近、時々、『ぼくらの発達障害者支援法』を取り出してパラパラ眺めたりします。
マイ施策提案会議とか、やってみたいなとか思ったりします。
初秋ですけど、雪どけなのかしらん?