仲間が役割からおりると言った。これまでの葛藤を思うと、決心した勇気に、感謝と拍手を送りたい。

僕自身、いくつかの組織を解散したり、卒業したり、途中リタイアしたり、をしてきた。だから、今のにがくて、情けない気持ちがわかる。
でも、「今が」その役割をつとめる時期ではなかっただけのこと。敗北感や挫折感があったとしても、やり過ごせばいい。
みんな、きみの責任感や努力を知っている。

新しいことを始めるには、何かをやめなきゃならない。

新しい人の活躍の場をつくるために、だれかが、どかなきゃならないときがある。

「自然は真空を嫌う」

空き間ができたら、だれかが、その真空を埋めるから。

大丈夫。