ゲド戦記を読み始めました。

『断片的なものの社会学』のなかで、印象に残る断片として引用されていた。

鶴見俊輔さんが、触れられていた。

きざしが2つ重なったので。

何をいまさら?という感じですが、読みはじめて「もっと早く読んでおけばよかった」と思いつつ、この歳の今だから、意味がわかるのかもとも思いながら読み進めています。
image