社会の問題を全て個人の責任に帰してしまう圧力とその圧力をじぶんの中に取り込み(内面化し)「内圧」としてじぶんを責め続ける苦労を整合的に「対処」させるための心理学的テクニックは「いかがなものか」と思わなくはないが爆発よりは散発させて少しでもおだやかな心の平安を手にしたいがためにすがることを責めることはできない。