カイとビデオ

 昨夜の記事は、「何かあったのか??」と思わせるような痛々しい文面になっ
てしまって、親愛なる来訪者のみなさんから本当に心はげまされるコメント、個
人メールまでいただき感激しています。ご心配をおかけしてしてすみません。

「何か」――あったんです。
 ビデオデッキが壊れたんです。
「なんだそんなことか」
 一安心していただいたところで、続きをお読みください。
 カイは自閉症の男の子です。自閉症は認知の障害があるため、興味の幅が
広がりにくく、楽しめることも限定的です。カイにとって数少ない楽しみの中で、
なんといっても最大の娯楽は「ビデオを見ること」です(屋外活動ではプール)。
 それもただおとなしく座ってみるのではなく、自分で早送り・再生・巻き戻し
の操作をしてコオドリしながら見るのが彼にとって至上の喜びなのです。
 基本的にカイは「早送り」状態で見るのが好きです。言葉の無い彼にとっては、
音声は関係ないのでしょうね。映像がすごいスピードで流れていく視覚刺激がう
れしくてたまらないらしい。
 画面を映した状態での早送りですから、当然、ビデオデッキのダメージは大き
く、今回、壊したのは2台目です。

 壊れることは予想していました。それ自体は別にどうってことなかったのです。
ところが、カイは「壊れて、ビデオが再生できない」事実が、どうしても理解が
できず(それはそうですよね、見た目は全く変わりがないのですから)混乱し、
激怒し、久々のパニックを起こしてしまいました。

 自閉症の子のパニックに遭遇したことはありますか? 詳しくは書きたくない
ので書きませんが、本人も周りも、抑えようのない混乱、落ち着くのを待つこと
しかできない――見ていて悲しいやらつらいやらで……昨日は妻も私も疲れきっ
ていたので、余計にダメージを受けてしまいました。

 大したことではない。自閉症の子がいる家庭ではある程度避けがたい出来事な
のかもしれません。でもこれも私たちの家庭の一場面なんだよな、とそんな気持
ちで書いた記事でした。
 寝床で「明日、ビデオ買ってくるからね」と心に決めながら書き終わりました。

「手紙は夜書いてはいけない」の格言のとおり、
 案の定、朝読み返したら、自分も切なくなってしまった。ごめんなさい。でも、
気持ちをシェアすることで、僕も救われました。ありがとうございます。

かなしいときは泣き、うれしいときは共に喜び、苦しいときは弱音を吐いていい。
それはたとえブログでも同じ、というより、そんな感情も共有できるようなブロ
グにしていきたい。

 本当にそんなことができたらすごいなと思います。

 でもって、心に誓ったとおり、新しいビデオを買ってきました。

pikachu video

フナイ ビデオデッキ[限定ピカチュウモデル]
 今度のは、ビデオデッキ本体には「早送り・巻き戻しボタン」がついていない
ヤツです。こういうのを探していました! 早送りビデオ再生に本当にまいって
いましたので。親も「ただでは起きないぞ」という決意です。
 カイは今「早送りができない!」と怒っていますがきっとじきに慣れてくれる
でしょう。
 七転び八起き、雨降って地固まる、人間万事が塞翁が馬、禍福はあざなえる
縄のごとし……古人もつらいことが多かったんでしょうね。共感☆

 ご心配をおかけしましたが、カイも私も風邪も治りました。ブログを始めて色
々と感動する体験が多くて、「与えているように見えて、私が一番与えられてい
る」と実感する毎日です。いつもありがとうございます。これからもよろしくお
願いします。