カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル

〜自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界!〜

心に残る言葉

【心に残る言葉】困難は人を玉にする

■【心に残る言葉】困難は人を玉にする

 最近、いつもくりかえしている言葉です。

 物心ついたときから「快適」生活で、「お気楽♪極楽♪」がよいとされてきた。
 でも、人類の歴史を考えてみると、飢えや貧困が常態で、日本だって60年前を振り返るだけで惨めな状況が当たり前だった。

 ぼくたちが子どもの頃から、スポーツ根性物のマンガは既に「ネタ」扱いで、ドラゴンボールの孫悟空は、ポップで楽しげな修行でいつのまにか「スーパーサイア人」になってしまった。
 ドラクエでの経験値アップは、マップをくるくる回って弱いモンスターを倒す単純作業。時間をかければ、強かったボスキャラも瞬殺だ。

 そこに葛藤はない。

 困難や苦しみは=悪いもの・あってはならないもの

 ――そう心の中に組み込まれていたことに気がついた。

 でも違うよね。打ちひしがれて、一度「精神的に死ぬ」ところまでいって、帰ってきた時、目をみはるような成長を果たせるはず。

「悲しみよこんにちは」

 困難は人を玉にする。信じて耐えよう。

新しい門出の日に

■新しい門出の日に

 今日、入学、就職、異動、退職、新たな門出を迎えた方々へ、おめでとうございます!

 贈る言葉に代えて、この記事を紹介します。

戯言家 : 桐鳳柳雨 【本当の意味での幸せな人生のために】:イチロー選手の年俸が10倍になった理由
 ↑クリックしてお読みください。
イチロー選手は、年俸が800万円の時にシーズン200本のヒットを打って、年俸が10倍増しました。

「それがどうした?」と思いますか?

 恵まれない状況でも、できることはきっとある。
 今、ここで、やれることは何だろう?
 自分自身と仲間に問いかけながら、前を向いて、一緒に旅を続けよう。

 発達障害者支援法、本日施行です。

責めるより、フォロー

■責めるより、フォロー

 自分に言い聞かせる言葉

「責めるより、フォローしよう」

 チームなんだから!

心に残る言葉〜「順調順調。遅々として進んでいる」

■心に残る言葉〜「順調順調。遅々として進んでいる」

 忙しい!
 しかし、足踏みばかりしている気がする。

 こういう時に、いつも思い出す言葉があります。


 最初に配属になった部署で、Aさんと先輩Tさん、私の3人のチームで仕事に取り組んでいました。関係者が多く、利害も対立していて、なかなか前に進まないプロジェクトでした。

「…全然ダメですね。展望が見えない」と弱音を吐く私に向かって、Tさんが口癖のように言っていた言葉――

「順調順調。遅々として進んでいる」

 夜遅く、煮詰まったときに、Tさんの飄々とした口調でそう言われると不思議と安心したものでした。
 遅れも想定のうち。少しずつでも、前に進んでいるならいいじゃないか!

 今、自分に向かって、がんばってる友に向かって、私もつぶやこう。

「順調順調♪ 遅々として進んでいる!」

脆い器に、鋭い感性

■脆い器に、鋭い感性

 私の場合、ストレスは胃に来ます。ひどいときは、早朝に胃痛で目が覚め、そのまま眠れなくなります。ある意味、バロメータになるのでそういうときはストレスを減らす・受け流すように努めるようにします。

 もうひとつのストレス・チェックは、「ゆっくり休息してね」と他人から言われたときに、
「はい。そうします♪」と素直に応じられるときはまだ大丈夫。
(うるせー。言われなくてもわかってるよ!)と思ってしまうときは、既にいっぱいいっぱいで本当に休息が必要。

 これまでは「脆い器」を鍛える方向で努力してきました。しかし、それには限界があり、「鋭い感性」を飼いならすことが必要とわかってきました。それが成長なんだなと。
すべてが見え、すべてが聞こえるのは良いことではない。
気に障るようなことは、気づかずに通り過ぎるのがよい。

ルシアス・アナエアス・セネカ

 2000年前にセネカが生きていた時代とは比べものにならないくらい、「気づかずに」いることは難しくなっています。だからこそ、意識的に他人の話し声をシャットアウトすること、聞こえてしまった場合にも「通り過ぎる」ことが必要になってきますね。
 自分を守るために。
 燃え尽きず生きていくために。

【心に残る言葉】ご恩送り

■【心に残る言葉】ご恩送り

★ペイ・フォワード


『ペイ・フォワード(Pay it forward)』という映画がありました。映画のできは、まあまあなのですが、「だれかによいことをしてあげる。よいことをしてもらった人は別の3人によいことをしてあげる。それが続いていけば、世界は変わる」というコンセプトは清々しく希望に満ちていました。

 私はこんな記事を書いています。

・【番外】入院日記3 ペイフォワード
http://kaipapa.livedoor.biz/archives/25675.html

 この記事(2003年12月12日)読み返したら、ちょっとしんみりしてしまった。

 今よりずっと少ない読者(1日30人くらい?)に向けて書いた言葉。親知らず抜歯のために入院していた病室で消灯後に携帯電話から書きました。隣の病室で、老人の入院患者(たぶん痴呆)がずっと叫んでいたのが忘れられません…。

 書き残しておくっていいことですね。
 カイパパ通信blogも今の私にできること(=学んだこと・体験したことのシェア)をやってみたくて始めました。
 これは、私達が絶望していたときに出会った「ダダ父通信」HPが希望をあたえてくれたことへのささやかなペイフォワードでもあります。また私が勇気と知恵を与えてもらった「つぼみパパメーリングリスト」「T-AICHIメーリングリスト」へのペイフォワードでもあります。
 いま私の中にある元気が弱ったら休みます。そのときにはこのブログから「勇気と知恵をもらったブログ」が元気にたくさん走りまわっていたらいいな!
 なんてそんなことをささやかに妄想しています。
 この「妄想」は既に現実になっています。私は1年前よりも支えを感じて、安心して発信したり休んだりできます。

 ここまでは長い前置き。

★日本語にもあった! 「ご恩送り」

・福祉ネットワーク:井上ひさし福祉都市を語る〜イタリア・ボローニャの共生社会〜
http://www.nhk.or.jp/fnet/info/thu/41007.html
 井上ひさしさんがボローニャの町の福祉を紹介したあとに「日本でも昔にはあった」こととして語った言葉
江戸時代に、ご恩送りという言葉があった。
ご恩返しは、贈り物を送ったり返したり、関係は2人しかないわけです。
ご恩送りは、誰かから親切を受けたら、これを親切を受けた誰かに返すのではなくて、他の人に渡していくんですね。
そうすると、江戸に100万人いるとしますよね。1日いっぺんぐらいそれ(親切を受けること)ありますよね、一瞬のうちに江戸の町に100万の恩というものがバーッといくわけです。それをお互いに回すわけですよね。

 これは! 「ペイ・フォワード」そのものですよね。

「ご恩送り」Google検索結果――5件しかヒットしませんでした。ほとんど死語ですね。

(比較「情けは人のためならず」――10,900件)

(比較「ペイ・フォワード」――15,200件!!)

 ペイ・フォワードもいいけれど、せっかく日本語で、過去に成立していたコンセプトがあるならば、この言葉とコンセプトを復活させたいと思いました。

 ご恩送り、使っていきたいです。

【参考】
 井上ひさしさんは、この戯曲で「ご恩送り」の言葉を使っているようです。

黙阿弥オペラ

【心に残る言葉】何をやっててもだいたい半分は面白い

■【心に残る言葉】何をやっててもだいたい半分は面白い

・毎日新聞2004年11月4日(夕刊):この人、この時:俳優・ビートたけしさん 流れのままに/3
何をやっててもだいたい半分は面白い。残りの半分はつらい。
だけど100%楽しかったら、その人は栄誉とか、褒美はもらえないと思う。
人から評価されたり賞をもらったりするには、半分苦しかったってことがないとダメだな。あくまでも社会と自分が作ったものとの関係だから。

★半分は面白い。残りの半分はつらい

 カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル1周年を前に、深く共感。

 私は、たのしいことしか全力投球できない体質で、義務感や強制では動けません。このサイトはたのしいからやっています。けれども、つらい部分もあるんですよね、当然ながら。
 ヤンキースの松井秀喜選手は、プロに入ってから毎ゲーム後に長島監督と素振り練習をしていたそうです。素振りが死ぬほど好き! なわけではなかったでしょう。地味でつらい部分。

 そのつらい部分も含めて成長していく自分を評価できる境地というか――それは、小さな成功体験を積み上げることで醍醐味がわかってくるものなのでしょう。

★あくまでも社会と自分が作ったものとの関係だから

 たけしさんの「あくまでも社会と自分が作ったものとの関係だから」の言葉は何通りかに解釈できますね。謎解きをしてみるのもたのしいかも。私がインタビュアーだったら、ここをたけしさんに掘り下げていきたい。

 たぶん、この言葉は「社会と自分との共同作業」というキレイな意味ではなくて、社会の許容する範囲におさめるために、たけしさんが自分の感性・やりたいこととギャップのある表現をあえて選ぶことがある。そのぎりぎりしたせめぎあいの中で、本当に伝えたいことをすべりこませる苦労を言っているのではないかな?

 やりたいこと、言いたいことをそのまま放り投げて、他人が受け止めてくれると期待するのは甘すぎる。「他人は勝手に解釈をする」=出発点はここだ。
 誤解されるのがイヤなら口をつむっていたほうがいい。
 それでも、もしもどうしても伝えたいことがあるなら、丹精をこめて文章を練り、(自分なりに)情理を尽くして語り続けるしかない。そのためには、日々の練習や経験が要る。
 ベストを尽くしても誤解は生じるものだけど、それはそれ、自分の至らなさを謙虚にうけとめること+多様性を許す心をもつこと――自分に言い聞かせてますけど――そんなことを考えました。


この人、この時:俳優・ビートたけしさん 流れのままに/1
この人、この時:俳優・ビートたけしさん 流れのままに/2
・この人、この時:俳優・ビートたけしさん 流れのままに/3 ※ウェブ未掲載
この人、この時:俳優・ビートたけしさん 流れのままに/4

人の心の中には土がある(2)/共感を生み出す土壌

■人の心の中には土がある(2)/共感を生み出す土壌

 つれづれにアイデアをメモ――

 10月20日の記事で紹介した加藤登紀子さんのことば、みなさんにも響いたようで、うれしいです。続きを読む

人の心の中には土がある

■人の心の中には土がある

 心に残る言葉をクリップ!

 先日NHKで加藤登紀子さんのインタビューを見ました。
「詩人って、すばらしいな。イメージをビジュアライズ(視覚化)して心に届ける才能なんだ」と感激した言葉を紹介します。カイパパの脳みそテープの再生によります。
 歌づくりは、農業に似ている。
 毎日の営みから生まれてくる。

 私は、人の心の中には土があると信じているの。
 耕し種をまき作物が実るように、歌の種が心に届き、芽吹き、共感が根付く。
 私が何を感じたか? みなさんならもうおわかりでしょう。
 さあ、今日もがんばろう☆

【心に残る言葉】これ以上複雑にしないほうがいい

■【心に残る言葉】これ以上複雑にしないほうがいい

 心に残る言葉をクリップ!

 4月ごろ、携帯電話を買い換えたくて色々と調べていました。今の携帯は使い始めて丸3年。カメラもついていません。
 春先は、サイトづくりがたのしいさかりで、「携帯カメラで、外出先から写真入り記事を更新できるぞ!」とかウキウキしていました。

「携帯変えたいんだけどどう思う?」と妻に相談しました。
 何に使うかを説明した時の、妻のひと言――
続きを読む

他人の希望を打ち砕かない

■他人の希望を打ち砕かない

 心に残る言葉をクリップ!

 他人の希望を打ち砕かないようにすること。
 それがその人の最後の希望であるかもしれないのだから。

 Never deprive someone of hope; it might be all they have.
  ――ジャクソン・ブラウン・ジュニア "Life's Little Instruction Book"

 この本は、父親が子どもに「幸福で素晴らしい人生を贈るために役立つ知恵」を伝えるために書かれました。

"it might be all they have"(最後の、唯一残された希望かもしれない)――このことばを読んだとき、どんなに自分が真実だと思ったとしても、ネガティブなことや完全否定はすべきではない、放つ言葉には命がかかっているんだ、ということに胸をつかれました。

 はかない、ろうそくの灯火を頼りに、暗闇を歩いているようなものだから。

 吹き消さないで。


Life's Little Instruction Book

【心に残る言葉】ふつうの家族みたい

■【心に残る言葉】ふつうの家族みたい

 心に残る言葉をクリップ!

 3月のある日曜日に妻が車の中でぽつりと言ったことば――
久しぶりにのんびり過ごした週末だったね。なんか、ふつうの家族みたいだったね……

さわかみ投信株式会社 職場精神を読む

■さわかみ投信株式会社 職場精神を読む

 澤上篤人さんのお話が好きで、本をよく読みます。澤上さんの会社、さわかみ投信株式会社のサイトで「人材募集」を見つけました。
・さわかみ投信株式会社 / 会社案内 / 人材の募集
http://www.sawakami.co.jp/site/annai/an_recruit.htm
人材の募集について
 さわかみ投信(株)では、一緒に仕事をしていける仲間を熱烈に求めています。
採用ワクはいつでもオープンです。
 
 当社の職場精神および仕事仲間のイメージは下記の通り、相当に厳しいと思いますが、
「おもしろい、自分のすべてをぶつけて挑戦してやろう」という方々は大歓迎です。

 その職場精神がこれです。続きを読む

【ことば】Passion For The Future!

■【ことば】Passion For The Future!

 心に残る言葉をクリップ!
 毎日欠かさず読んでいるブログサイトから――

Passion For The Future: 22世紀から回顧する21世紀全史

本当は明日のことだって誰も分からない。でも、想像力は創造力につながって実際に未来を変えていく力になるのではないだろうか?
未来は予測するものではなく、ヒトの情熱が作り上げていくものなのだから。

Passion For The Future
続きを読む

【ことば】切に生きる


【ことば】切に生きる

 心に残る言葉をクリップ!

瀬戸内寂聴さん
 私はよく「切に生きる」と書くの。 生きるというのは難しくて、一生懸命に生き
ないとすぐに断崖絶壁から落ちてしまうの。
 人間が人間を救うなんてことはできないんだけれど、一緒に苦しみ、一緒に泣いて
あげることはできる。

『女性自身』2004年2月24日号「シリーズ人間No.1999 ヤンキー先生(義家弘介)と
の対談」から
about us
ブログ内検索

WWW を検索
このブログ内を検索
最新コメント
カテゴリ別
月別過去記事
最新Trackback
解き放て (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
語る資格
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
選べないからしあわせ
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
着床前診断に関するメモ