カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル

〜自閉症から広がる、チャレンジに満ちた新しい世界!〜

TEACCHプログラム

ショプラー先生、ありがとう

 先月、大阪維新の会の「家庭教育支援条例」の案が報道されたときに、またか…と暗然としました。

 そのときに、Twitterで、自閉症のきょうだいをもつ学生のかたが、私あてにメッセージを送ってくれました。

「兄は自閉症です。両親の、兄とわたしへの愛情や育て方に違いがあったとは思えません」と。

 このパワフルなメッセージが、思い出させてくれました。
 
 10年前に、ノースカロライナ大学TEACCH部創始者エリック・ショプラー先生が自閉症カンファレンスNIPPONのために来日されたときのことです。私は、先生の講演を聴くことができました。
 
 ショプラー先生が、若い頃、シカゴ大学でベッテルハイム教授に師事して臨床心理学を学んでいたとそこで初めて知り、とても驚きました。ショプラー先生は、ベッテルハイム教授が主張していた「自閉症は不適切な母子関係による情緒障害である」とした説に納得できず、シカゴ大学を離れ、ノースカロライナ大学に移って研究を続けました。
 
 ノースカロライナ大学で、自閉症の原因が親にあるのかを検証するために、親にインタビューをしたときのことをお話しされました。
 親たちは、わが子の障害の原因が自分にあると自責の念にかられて、非常に不安定で自信のない答えをした。しかし、質問を「あなたは自閉症の子どもを抱えながら、健常のきょうだいを立派に育てられましたね。どのように育てられたのですか?」と変えて尋ねてみた。すると、それまでの苦渋に満ちた表情がパッと明るくなって、誇らしげに、自分の育て方ときょうだいの育ちのことを語ってくれた……と。
 
 ショプラー先生が、「親は、自信を失わされていた」「自分は、そうではないと確信をした」「そして、親は共同治療者であるということをTEACCHの理念にした」と語られました。
 
 今日の記事を書くために、内山登紀夫先生の『本当のTEACCH』を読み直しました。該当する部分を引用します。
 先行研究では自閉症児の親(特に母親)は思考障害があったとされていたのである。ショプラーたちは親の罪悪感がテスト結果に反映していると考えた。そこで自閉症児と定型発達児のきょうだいをもつ親を対象に検討した。障害児をもつ親がいかにきょうだいをうまく育てているかみるのが目的だと保護者に説明して実験を行った。このような親の気持を配慮した上で実験を行うと、自閉症児の親がとりわけ思考障害があるという結果はなかった。
(内山登紀夫『本当のTEACCH』P.28 学研2006)
 
 論文や本で、同じことを読んでも、あの講演での「熱」は伝わらないかもしれません。
 ショプラー先生は、ベッテルハイムという師を乗り越えなければならなかったこと、母原病説によって子どもが親から引き離されて、子どもは混乱のなかにあり、親は自信喪失をしていた時代を変革してきた。そのことを「原点」として語る必要があると確信されていたのだと思います。
 その必要性は、日本でも、何度も「親の育て方が原因」という主張が蘇ってくることをみればわかります。

 内山先生は、2006年にブログ記事で書かれています。
 
・児童精神医学と福祉と教育: ベッテルハイムを批判しなければならないわけ
http://blogs.dion.ne.jp/tokio/archives/4704116.html
(引用者注:内山先生がベッテルハイムの著作を再読していることの理由として言及)

もう一つの大きな理由は「本当のTEACCH」(学研)に記載されている、故ショプラー先生にインタビューしたときに、ベッテルハイムに関して多くの時間を割いて説明してくれた。早稲田のカンファに来日されたときも、ベッテルハイムの批判にかなりの時間を割いて説明された。なんだが、少し違和感を持ったのですね。何故なら、ベッテルハイムというのは僕の世代の児童精神科医、特に発達障害を専門にする児童精神科医にとっては、完全に過去の人で、今頃、問題にすることもないような気もしたのです。
ショプラー先生はシカゴ大学でベッテルハイムに一時師事され、その後袂をわかってTEACCHを創立された。当時(1950年代から60年代)はベッテルハイムの全盛期ではあったでしょうが、その後70年代以降の自閉症研究の流れのなかでベッテルハイムの自閉症観は完全に否定された(ようにみえた)。
どうしてショプラー先生が、21世紀になってもベッテルハイム否定に、ある種の情熱をかけられたかのか、ヒントを知りたいと思ったこともあってベッテルハイムの著作を読んでいるわけです。

・児童精神医学と福祉と教育: ベッテルハイムとショプラー先生
http://blogs.dion.ne.jp/tokio/archives/4715546.html

ただ、彼(引用者注:ベッテルハイム)は多くの研究・臨床成果があがった90年代になっても自説を曲げなかった。ショプラー先生がこだわったのは、さまざまな根拠があるのに、自分の間違いを正そうとしないベッテルハイムのようなあり方が許せなかった、あるいはベッテルハイムのような人を認めると(批判をきちんとしないと)、自閉症の子どもと家族に不利益を与えるということを、我々のような次ぎの世代にきちんと伝えたかったのではないかという気がしてきた。日本でもベッテルハイムと同じようなことを言っていた人が自己批判もしないで、そのまま活動をしていることがある。「だめなものは駄目」ときちんと表出することが大切だ。

 このブログでも、何度か書いてきたことですが。
 
 自閉症の原因がどこにあるのかは、私たち親にはわかりません。

 ただ、わかっていることは、自閉症の特性に合わない接し方をすると、子どもは苦痛を覚え、激しい混乱状態に追い込まれ、生活が困難になるということです。

 自閉症だとわかったときに、その「原因」を考えない親はいないと思います。

 経験のない子育てに加えて、「自閉症の特性」といっても、わが子の特性を理解し、この子にあった子育てをすることは大変なエネルギーが必要なのに。原因が自分にあると責めることは、エネルギーを消耗するだけで。生きる気力を奪い、子どもに寄り添っていく自信をなくさせます。

・【わが子】★3 診断の前後で、わが子が別人になったわけではない
http://kaipapa.livedoor.biz/archives/360803.html

 こんなえらそうなことを書いて恥ずかしいのですが……「診断の前後で、わが子が別人になったわけではない」と思えるようになるためにも、「原因は何か」という犯人探しはマイナスしかないと思うのです。

 大変な子育て。それは自閉症に限らず。
 子育てを親だけでかかえこまず、周りに助けを求められるようにするためには、「親を叩く」ことは愚の骨頂で、「よくここまで育てましたね。わからない中で、大変だったでしょう」という優しくいたわり、なぐさめるところから始めるしかないでしょう…?
  

 これ以上書くと、感情がぐらんぐらんしてくるので止めます。最後に。


 エネルギーをどこから補給をするか? どうすれば、気力がわいてくるのか?
 勇気と知恵が自分のなかから自然と無尽蔵にわいてくるなら、こんなブログ要らない。仲間も、専門家も要らない。
 
 でもそうじゃないでしょう。
 すぐに枯れてしまうでしょう。
 長く親をやっていれば、「省エネ」運転のこつはつかむけど、本当にガス欠になってしまうこともある。

 だから助けあいましょう。
 元気じゃなくても「生きているよ」と知らせあいましょう。

 それがはげましになるから。

佐々木正美先生講演会レポート/おまけ〜佐々木先生のお人柄&参考図書

■佐々木正美先生講演会レポート/おまけ〜佐々木先生のお人柄&参考図書


 佐々木正美講演会レポートのおまけです。
 講演会内容レポートはこちらから
 託児体験レポートはこちらから


★佐々木先生のお人柄

 実は、講演会の最初にハプニングがありました。佐々木先生が机に手をついて一礼をした瞬間、机がバタン! と閉じて、上に乗っていたガラスの水差しが落ちて割れてしまったのです。
続きを読む

佐々木正美先生講演会レポート/託児(3)〜親としての反省

■佐々木正美先生講演会レポート/託児(3)〜親としての反省


 「佐々木正美先生講演会レポート/託児(1)〜物理的構造化の工夫」
 「佐々木正美先生講演会レポート/託児(2)〜スケジュールの工夫」
 からの続きです。
 講演会内容レポートは「佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)全体の感想」から連続掲載しています。


★親としての反省点

 カイはこれまで4回ほど託児でお世話になっており、ある程度慣れていると思っていました。そのため、親として油断していた点などがありました。続きを読む

スケジュールの工夫〜時間に意味を与える

■スケジュールの工夫〜時間に意味を与える


佐々木正美先生講演会レポート/託児(2)〜スケジュールの工夫」の補足です。


Point!
スケジュールの工夫:

 自閉症の人の穏やかな生活を支えるためには、その人が理解し使えるスケジュールが必要です。
 自閉症の障害特性として、抽象的な概念の操作や、将来を予測することが難しいため、「次に何があるか」「明日の予定は」などを、本人に分かるように伝えることは基本的な支援の一つです。(参考:下掲書P.65)

『自閉症児のための絵で見る構造化』佐々木正美 P.18

 ついで重要なことは、時間に意味を与えるための創意工夫である。すなわち時間の推移や経過への見通しを与えることである。
(略)
 時間の意味を伝えるために、まず現在何をすることを期待されているか、そして次には何を、その後も引き続いてどのようなことがあり、期待され、楽しめて、最後に何をしてから下校するのかを、子どもが理解できるように提示してやることである。

そのためには子どもの機能に合わせて、文字、絵、写真、象徴的な実際の物などを、時間の推移に合わせて、上から下、あるいは左から右へ並べて見せておいてやる。このようなことが、多くの自閉症の子どもに時間の概念を与えるのに有効である。


自閉症児のための絵で見る構造化―TEACCHビジュアル図鑑


【募集!】
 みなさんのスケジュールの工夫を教えてください。

佐々木正美先生講演会レポート/託児(2)〜スケジュールの工夫

■佐々木正美先生講演会レポート/託児(2)〜スケジュールの工夫


 「佐々木正美先生講演会レポート/託児(1)〜物理的構造化の工夫」からの続きです。
 講演会内容レポートは、「佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)全体の感想」からの連載です。


★スケジュールの工夫

 託児のスケジュールはこのようになっていました。続きを読む

佐々木正美先生講演会レポート/託児(1)〜物理的構造化の工夫

■佐々木正美先生講演会レポート/託児(1)〜物理的構造化の工夫

 間があいてしまいましたが、佐々木正美先生講演会レポートの続きです。今回は、講演会の内容ではなく、バックステージで展開していた「託児」について紹介します。
 講演会の内容はこちらからお読みください。

 今回の講演会でも、TEACCHプログラム研究会愛知支部(以下T-AICHI)による託児のお世話になりました。T-AICHIでは、催事の際に可能なかぎり託児を実践しています。
続きを読む

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(4)優れた療育者の資質

■佐々木正美先生講演会レポート/メモ(4)優れた療育者の資質

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)全体の感想
佐々木正美先生講演会レポート/メモ(2)自閉症の特性
佐々木正美先生講演会レポート/メモ(3)想像力の独特さ
からの続きです。

★優れた療育者の資質
続きを読む

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(3)想像力の独特さ

■佐々木正美先生講演会レポート/メモ(3)想像力の欠如独特さ

【追記】2004年9月25日
「想像力の欠如」という表現について再考し、関連箇所を「想像力の独特さ」に改めました。詳しい説明はコメント欄をご覧ください。

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)全体の感想
佐々木正美先生講演会レポート/メモ(2)自閉症の特性
からの続きです。

★「ちがうことを認めてほしい」
続きを読む

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(2)自閉症の特性

■佐々木正美先生講演会レポート/メモ(2)自閉症の特性

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)
 からの続きです。

◎自閉症の特性(4点)◎
続きを読む

佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)全体の感想

■佐々木正美先生講演会レポート/メモ(1)
 【主催】TEACCHプログラム研究会愛知支部
 【題名】自閉症の理解と支援〜TEACCHの理念に基づいて
 【日時】2004年9月18日 10:00-16:30
 【会場】ウィル愛知 4階ホール
 【参加者数】540名
【このレポートについて】
 私の息子、カイは、5才になるカナータイプの自閉症です。機能的な言葉(場合に合った使い方のできる言葉)は、「イヤー」(嫌)と「イテー」(痛い)の2語しかありません。したがって、講演会を聞くときも、わが子をイメージして聞いています。

 今回アップしている講演会レポートは、何ら公式な講演録ではなく、あくまでも〈カナータイプの幼児を持つ親の学んだ、感じたこと〉をまとめているものです。
 文責はカイパパにあり、聞き間違いや言葉足らずの部分は全て私の責任であることをお断りしておきます。

 佐々木正美先生の講演会に参加してきました。講演会というより「講義」と呼んだほうがふさわしい内容でした。私にとっては「原点に戻る」最高の機会になりました。参加してよかったです。
 今日から、連載でレポートを掲載していきます。

続きを読む
about us
ブログ内検索

WWW を検索
このブログ内を検索
最新コメント
カテゴリ別
月別過去記事
最新Trackback
解き放て (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
語る資格
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
選べないからしあわせ
10月8日の乙武さんツイートを巡って (カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル)
着床前診断に関するメモ